バストアップ・部分痩せ脂肪吸引のことなら美容サポートガイド

バストアップ・部分痩せ脂肪吸引のサイト。

TOP > 美容整形 > 豊胸

コンプレックス解消の豊胸

バストの大きさにコンプレックスがある女性の中には、豊胸手術をしてでも豊かなバストを手に入れたいと望む人も少なくありません。

ただ、豊胸手術は術後も痛く、時に起き上がったり寝がえりをうてない程になる、と言う話が出回っています。

その理由は、術式にもよりますが豊胸手術は脇の下を数センチ切開する手術なので、麻酔が切れた後の傷の痛みが大きくなりがちです。

バッグなどを入れた場合には、バッグが体に慣れるまでの間激しい痛みを伴うのが通常です。脂肪注入の場合もバストと脂肪吸引した部分に痛みが残ります。

たとえ当初は鎮痛剤も効かないほどであっても、時間がたつにつれ普通は徐々に楽になってきます。が、余りに回復が遅かったり副作用が出てしまった場合には、再手術が必要になる事もあります。

美容整形でおこなえる豊胸手術

美容整形でおこなえる豊胸手術については、大きな胸を実現できる方法で、他ではなかなか叶えることができませんので、美容整形を希望する人も数多くいます。この方法については多くの人が希望していることがあげられます。

胸の整形についてはバストアップを希望する人が多く、人体に影響がないヒアルロン酸を注入したり、手軽にサイズアップ可能なシリコンバックを挿入したりと方法はさまざまです。身体のラインにコンプレックスがあるのであれば、脂肪吸引をおこない除去した脂肪で豊胸することも可能です。どの方法が適しているかは担当のドクターと相談し決めていくことが大切です。

美容整形においての豊胸のメリット

美容整形においての豊胸のメリットは、胸が小さい人にとってすぐにサイズアップが可能なことでしょう。身体の中でも豊胸をする事は、他の方法ではむずしいことがあげられますので、美容整形で確実にできる事は有効な手段としてあげることができるでしょう。

シリコンバックなどの異物を胸に入れるのが抵抗ある人には、自身の脂肪を吸引し胸に注入することもできますし、体内にもある成分であるヒアルロン酸を注入することも可能です。さまざまな方法で、豊を大きくすることが可能になりましたので、実現性の高い施術といっていいでしょう。

美容整形での豊胸術をおこなうべきか

美容整形での豊胸術をおこなうべきかどうかは、美容外科や専門のクリニックの担当医とカウンセリングをしっかりと行い決めてもいいでしょう。胸についてはサイズアップの程度によって施術の方法が異なりますので、自身の理想をしっかりと見極めることが大切になります。

施術方法はさまざまであり、シリコンのバックを胸に挿入したり、脂肪やヒアルロン酸を胸に注入したりすることが可能になります。場合によってはマッサージなどが必要になるケースもありますので、しっかりとアフターフォローをしてくれる病院を探すことが大切と言えるでしょう。

美容整形である豊胸術のニーズ

美容整形である豊胸術のニーズは、最近になって高まっていることがあげられます。理由としてはプチ整形などによって、少しずつ美容整形が一般的にも認められるようになってきたことや、美容整形の技術が高まってきたことがあげられます。

以前に比べて安全性が非常に高くなってきましたので、安心して施術を受けることも可能になっています。胸を大きくする事は世界中の女性にあるニーズになりますので、今後の技術についても大きく注目されていく分野と言っていいでしょう。施術内容においては、現在さまざまな方法が存在します。カウンセリングを入念におこなって、じっくり決めることをおすすめします。

豊胸手術は手術症例数の多い信頼のある美容整形で受けましょう

さまざまな方法がある豊胸手術ですが、最も自然にバストアップできる方法として、脂肪注入があります。料金も手ごろなヒアルロン酸注入のように、短い間で体内に吸収されるようなことがなく、またシリコンパックのように術後レントゲンに写る可能性や破損、破裂の心配もありません。

1カップから2カップ程度のバストアップを希望している人には、最適な豊胸手術です。しかし、脂肪注入にもいくつかの種類があり、2カップ以上のバックアップと不純物を取り除いて高度な手術を行う場合は手軽さや料金ではなく、術後のアフターケアの口コミや手術症例数の多い美容整形で手術を受けることが、失敗の無い理想のバストを手に入れる方法です。

豊胸手術でカップ数を劇的に変えるなら

豊胸手術は、かなり小さい胸だった女性も、美容整形によって確実に大きくできます。4カップくらいの豊胸であれば、シリコンを入れるだけでも完了します。同時に考えていかないと駄目な点は、豊胸後は下着のサイズが大きく変わる点です。

アンダーバストの部分はあまり変わらないかもしれませんが、カップ数が劇的に変わってしまうので、従来までの下着は全て使えません。また、シリコンを入れている女性の場合は、当面ワイヤーで寄せることも難しいので、手術を受けることを想定して下着の準備も行ってください。なお、脂肪注入の場合は、下着のサイズを後から考えても大丈夫です。

豊胸関連

メニュー

TOP 美容整形とは 豊胸手術ってどうするの? 脂肪吸引ってどうするの? 脱毛ってどうするの? 豊胸 鼻整形 二重整形 プチ整形 大阪の美容外科

ページトップへ戻る